うつ病とは最新の治療で効果的に治すことができるのです

うつ病かなと思ったら迷わず相談

うつ病の原因

相談

うつ病とは、心と体のバランスが崩れてしまうことが起きる精神疾患の病気です。うつ病になってしまうことで、基本的な欲求を失ってしまいやる気が全く出ない状態に陥ってしまうのです。うつ病になれば様々な病気を併発する可能性があるので気をつけましょう。

最新治療

ドクター

うつ病とは、薬物療法を中心に治療を行っていました。しかし、薬物療法では大きな治療効果が期待できる反面、副作用によるリスクがあるため、近年ではその補助として、いろいろな治療方法が研究されているのです。うつ病の治療は、どんどん多様化して症状によって様々な治療が行われているのです。うつ病の治療の中で、薬物療法と同時に行われるのが、カウンセリングを主体として心理療法です。治療効果がカウンセラーの力量で左右されることが多いので難しい部分ではあるのですが、薬物療法に継いで代々行われてきた治療方法の一つなのです。また、同じ心理学のアプローチとして、ストレスによる要因となる感情のコントロールすることを目的に行われる認知行動療法は近年高い効果を挙げているため注目のうつ病の治療方法となっているのです。その中で、最新の治療も続々と導入されてきており、新たな可能性が見え始めているのです。その中でも注目を浴びているのが、光トポグラフィー検査です。この光トポグラフィー検査は、身体に害のない近赤外光を頭皮に当てて、前頭葉や側頭葉はどのように血流が増加しているかを測定していきます。うつ病に特有な血液の流れがあれば、うつ病と診断することができるのです。これまでであれば、すべてのうつ病の診断は専門の医師による問診での判断が多かったのですが、この光トポグラフィー検査が導入されたことによって、医学的にうつ病の診断を行うことができるようになったのです。光トポグラフィー検査による客観的なデータを元に診断を加えることで、診断の精度が確実にアップされたのです。これは、精神疾患の診断をするにあたってとても治療に役に立っているのです。今後のこの光トポグラフィー検査を導入する医療機関が増えていくでしょう。光トポグラフィー検査の診断時間はおよそ15分です。患者の頭に光を当てて、質問に答える診断方法になります。人間は考えて言葉を発するときに血液量が変動するので、その血液量で診断をしていくのです。また、この検査を行うことで、うつ病の中の症状も詳しく判断することができるのです。これまでの診断を見つめ直すきっかけとしても非常に完成度の高い検査なのです。また、もう一つ近年の中で注目されている検査方法があります。それが、磁気刺激治療法です。磁気刺激治療法は、8字方の電磁石によって生み出される急激な磁場の変化を利用し、頭の外側から脳に直接刺激を与えて、脳の活動を回復させる治療方法になります。過去にも通電療法は行われていましたが、治療後に強い頭痛や一時的な記憶障害などが起こるリスクの高い治療でした。しかし、この磁器刺激治療法は前頭葉部分というきわめて限られた部分にだけ効率的に刺激を与えることができるので、電流によって副作用はなく、痛みを感じることなく治療を受けることができるのです。この治療方法を行うことで、治療後に脳の血液量が増大するため、うつ病によって低下した脳内の血液量を回復させてくれる効果があるのです。その結果、うつ病の改善につながるのです。実際の治療は、治療機器にもよりますが、額の上部分に、コイルの入った治療機器をあてて、約10分間磁気を流していきます。そのときの感覚では、指ではじかれている感覚があります。磁気刺激療法は、アメリカが開発した治療方法で、日本でも数少ない医療機関が実施されています。しかし、保険治療としてまだ認可されていないため、治療は保険適用外となります。磁気刺激療法はうつ病治療の他にも脳卒中の後遺症である片麻痺や高次脳機能障害、パーキンソン病などの難病にも効果があるとされている最新の治療方法なのです。今後、保険の適応が認可され、多くの方がこの磁気刺激療法を受けれる日が来るでしょう。うつ病とは、多くの方を悩ませている精神疾患の病です。しかし効果的な治療を受けて改善していきましょう。

周囲に相談

婦人

うつ病とは、ストレスを抱えることでなってしまいます。そこで、ストレスを抱えた際には、周囲の人に相談してみましょう。そうしないと、いつまでもそのストレスが抜けず新たなストレスが溜まっていき、最終的にうつ病となってしまうのです。

ストレスの種類

婦人

うつ病とは、様々なストレスが溜まることで発症する病気です。ストレスには様々な種類があり、それらのストレスをしっかり理解することでうつ病の対策のなるのです。うつ病の事をしっかり理解して、対策をとることで、うつ病を未然に防ぐことができるのです。